110メートルハードルで世界新

 スピード社の水着着用で…って、そこまで面倒見切れるかってーの!

琴欧洲初優勝

「蚤の心臓」の琴欧洲が遂に初優勝。白鵬もそうだったけど、これで一皮剥けるのだろうか?
 穿った見方をすると、相手が朝青龍派?の安馬(あまえないでよ、あな〜た〜♪)だったのも幸運?

 クニからちょうど父親が観戦に来ていたけど、デカ〜いッ! 説明不要!! という感じでした。

入りはどうだったんだろう?

 内藤のタイトル戦、チケットが売れていないのがニュースになっていたけど、仕事場近くの飲み屋で中継を観ると悪くなさ気。ドームだと厳しいけど、両国なのでスポンサー企業の動員で補った?

 周りの年配の客が、これといった根拠なく盛んに内藤敗戦を予測する中、ドローでの防衛を予測して見事的中させたのだけれど(決め手なかったし)、三人のジャッジ中二人イーブン一人だけ差を付けるかなと思いきや(8Rの中間発表では二人イーブン、一人が内藤に大差の勝ちを付けていた)、結果は一人内藤、一人ポンサクレック、一人がイーブンと綺麗に割れていた。

 ちなみに、焼き鳥のタレもさることながら、三陸産生ガキおいしゅうございました。

プロ野球・キャンプ解禁

 某球団キャンプにて。
「特別コーチの、ビリー・ブランクスさんです」

 一日でキャンプ壊滅!

ぷぷぷ、プロレスニュ〜ス

 三沢が年末恒例のプロレス大賞MVPを、何と初受賞?
 意外だが、こういう事もあるのですね。

 年末の小松賞(カテゴリメガネ! 参照)の人選もそろそろ始めにゃな…。

結果発表

 結果、シュルトがあっさりと三連覇。今回は的中でもあまり嬉しくないかも?

 新たな人材発掘とレギュレーションの変更とかをしないと、来年以降はより興行的に衰退するかもしれないぞ。

K-1予測

 今年はシュルトにチップを張るぜ!(初優勝は的中させ、昨年はバンナで外した) やっぱあの頑丈さは強み。
 対抗は、試合中壊れない前提のレミボン。穴アーツ。

敗けたった!(楓のはらわた風)

 ここ数年、勝敗数はともかく勝ちチームは外さなかったのに、今回は豪快に外してしまいマシタ。
 なもんで、今はウイニーを肴に残念会中。

 一万円札を燃やして灯かりをとるかのような落合采配と、夫人のコアラ耳姿に、震えた…。

 ハム贔屓としては残念ながら、杉下存命中に日本一になれた事と、中村の涙には素直に祝福を贈りたいデス。

恒例のシリーズ予測

 4−3ハムで、MVPは田中賢(稲葉や稀哲も捨て難いが、敢えて)。

 昨年シリーズの時に、学生時代を北海道で過ごしていた畏友の通称「髭の人」に、
「北海道に多大な貢献をした米人という点で、ヒルマンはクラークに並ぶ?」と、問うと。
「クラークでは、道民全体をあそこまで一体化出来なかったでしょう」との答え。

 トレイは最後に何を賭け、何を遺すのだろう? 

原が「奪回」と書いていた

 巨人が奇数年に優勝したのって何年ぶりだろう? 随分久し振りのような…。
 放浪していた最初の頃(八月末)に、巨人軍一同が青島神社に奉納した絵馬の現物を見たのだけれど、今回の優勝報道でそれが改めて紹介されておった。

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM